専門誌の買取 >  専門誌買取の落とし穴

専門誌買取の落とし穴

専門誌買取を行っている業者はいくつもあります。専門誌買取を行っている業者の中でも自前のウェブサイトを持っているところも少なくありません。そしてサイトで、専門誌買取を拒否される事例についていろいろと紹介しています。専門誌を売却する前に、これらの項目をチェックしておくといいでしょう。

基本的に汚れの目立つ専門誌の買取は拒否されることが多いようです。引き取ってはくれるものの、ほとんどお金は支払われないことが多いようです。またページのどこかが破れていたり、切り抜きのある専門誌についても同様に拒否されることが多いです。

さらに注意をしたいのが喫煙者の人です。専門誌をタバコを吸いながら読んではいませんでしたか?もしタバコを吸いながら専門誌に目を通していた場合には、買取が難しくなることもあります。それはヤニのにおいです。

タバコを吸いながら読むと、どうしてもヤニのにおいが付着してしまいます。タバコ臭のする古本は購入したくないという人も大勢います。ほかの汚れや傷についてはけっこう注意するものですが、タバコ臭の場合、知らず知らずのうちに付着している恐れがあります。特に自分は吸わなくても喫煙席の近くに座っていた場合、タバコを吸っていなくてもヤニのにおいが付着している可能性があります。もし買取を前提にしている場合には専門誌を読む場所にも注意を払わないといけないようです。