専門誌の買取 >  専門誌買取のタイミング

専門誌買取のタイミング

専門誌買取のタイミングですが、基本的にはできるだけ早く買い取りをしてもらうということが一般的です。やはり古本というのは、新品に極力近い状態の方が価値は高くなる傾向があります。専門誌の場合には、一度目を通して用なしになったら、早めに買取依頼をすべきでしょう。

ただし古い専門誌が全く買い取ってもらえないかというと、そうではありません。一度人気になった専門誌がいったん下火になって、何かのきっかけで再び人気が再燃するということがよくあります。テレビの特集などで取り上げられた関係の専門誌を持っているという場合には、テレビのオンエアをきっかけにして買取を依頼すれば高額買取を実現することもできるでしょう。

また音楽誌などには、特定のアーティストの特集が組まれることもよくあります。ほかの芸術関係の専門誌についても同様のことが言えます。これらの専門誌の場合、ある有名なアーティストが亡くなった時が買取のタイミングになることがあります。

例えば、ある有名なアーティストが亡くなったとします。そしてそのアーティストについての特集やインタビュー記事が掲載されている専門誌を保有していたとします。この場合、死後しばらくの間はそのアーティスト関係の商品はけっこう売れます。たとえ古い専門誌であったとしても、このタイミングで買取を行えば、普段よりも高値で買い取ってくれることもあります。不謹慎かもしれませんが、高額買取を目指す戦術として覚えておくといいかもしれません。