専門誌の買取 >  高額買取のための専門誌保管法

高額買取のための専門誌保管法

専門誌買取の場合、どこに専門誌を保管していたかということも重要な問題になります。保管状況によっては、専門誌が汚くなることも、きれいな状態をキープすることも可能だからです。まず専門誌の保管場所についてみていきましょう。

専門誌を保管するときには、直射日光の当たらないところを選びましょう。というのも本に使われている紙ですが、長時間日光にさらすと日焼けを起こすことがあります。例えば、専門誌の表紙は日光にさらされることで、セピア色っぽくなります。またほかの紙の部分は本来白いはずのところが日焼けをして黄色く変色をします。ですからできるだけ暗所で保管するように心がけましょう。

また暗所であってもできるだけ風通しのいいところを選んで保管するようにしましょう。風通しの悪いところは、どうしても湿度が高めになり、じめじめとしやすいです。湿度の高いところに紙を放置していると、紙がたわんできます。風呂の中で本を読む習慣のある方はお分かりいただけるでしょう。

湿気を吸ってしまい本がたわんでしまうとどうしても不恰好になります。するとそういった種類の専門誌買取を依頼しても、安い値しかつかないか、下手すると買取自体を拒否される恐れがあります。ですから風通しのいい直射日光の当たらない日蔭のところで保管をしましょう。湿度の目安としては、50%を常時切ることができるような場所に保管をしておくことがベストだと思われます。