専門誌の買取 >  専門誌買取と付録

専門誌買取と付録

現在ではいろいろな種類の専門誌が販売されています。しかも多くの専門誌で付録が付くことがよくあります。専門誌買取の場合、実はこの付録の状態によって買取価格が変わってくることがありますから注意しましょう。まず基本中の基本として、付録を紛失した場合、かなり買取価格は安くたたかれることは覚悟しておいてください。

付録として多いのがCDやDVDがついてくるパターンです。CDやDVDつきの専門誌買取を希望する場合、ディスク面に傷をつけないようにしましょう。ディスク面に傷がつくことによって、音飛びや映像の乱れが起きるリスクが高くなるからです。

中にはポスターが付録としてついてくる専門誌もあるかもしれません。できればポスターはそのままの状態で保管をしておくべきでしょう。もしポスターを使用していた場合は、かなり安い買取価格になるでしょう。四隅に画鋲の穴があいていたり、テープの跡がついてしまっている可能性が極めて高いからです。

専門誌買取をする場合には、できるだけ購入したままの状態をキープしておくことが高額買取のコツです。また、懸賞用の応募ハガキは期限を過ぎたら意味がないですから使ってしまう人もいるようです。しかし応募はがきを切り取ると、どうしてもそのページが不細工になります。そのため、買取価格を減額されることもあるのです。注意しましょう。