専門誌の買取 >  古い専門誌がポイント

古い専門誌がポイント

専門誌買取の場合、なかには古い専門誌ほど買取価格が高くなるケースもあります。具体的には音楽や映画関係の専門誌については、高額買取はむしろ古いものの方が可能性としては高くなる傾向があります。

というのも古い雑誌の場合、現在ではベテラン俳優やアーティストとして活躍している人の若いころの写真が掲載しています。もしくはすでに亡くなってしまったアーティストや俳優の記事を見ることができます。これらの記事は今となってはもはや入手することができません。そのために希少価値となって、専門誌買取の中でも高額買取が期待できるのです。

特に映画や音楽の場合には、かなりコアなファンというのが結構います。コアなファンは、自分が好きなアーティストや俳優のどんなアイテムでもほしがる傾向があります。ですから通常の専門誌の場合には古くなればなるほど、需要がなくなりますが古いものであればある程逆に需要が増えるという逆転現象が起きるのです。

特に1950年代から1970年代の映画や音楽関係の専門誌への需要は高いです。しかも所有している人は非常に少ないでしょうから高額買取が実現できるわけです。場合によっては、当時購入した定価をはるかに上回るような買取も期待できるかもしれません。もし保存状態がいい専門誌を所有している場合には、一度査定に出してみることをお勧めします。