専門誌の買取 >  音楽専門誌買取のコツ

音楽専門誌買取のコツ

もし以前に購入した音楽系の専門誌が家のどこかに眠っているようでしたら、専門誌買取業者に買取の依頼をしてみるといいでしょう。思わぬ高額が手元に入るかもしれません。音楽系の専門誌は、けっこう買取の間口が広いことが特徴としてあるからです。

専門誌買取を行っている業者は取り扱っているジャンルも多岐に及びます。しかし買取を受け付けている時期は限られているという種類が結構多いのです。中には発売してから1年以内の専門誌しか取り扱っていないものも多いです。特にファッション関係の専門誌の場合には、発売した当該の月かその前月までのものしか買い取ってくれないということもあります。

ところが音楽関係の専門誌買取の場合、期間的にはけっこう余裕のあるものが多いです。中には期間限定で買取を行っている種類の専門誌もありますが、それでも1年以内という期間設定をしているものが最も短い期間に入ります。ファッション関係の専門誌と比較すると、その違いは歴然としています。

中には年代問わず買取を受け付けている種類の専門誌もあります。例えばGuitarMagazineやYOUNG GUITARのようなある楽器に特化をして作成されている専門誌、またINDIES ROCK MAGAZINEのようなマニアックなバンドを対象にしている専門誌といったところは年代問わずに買い取ってくれることが多いようです。RollingStone日本版は世界でも発行されている音楽の専門誌の日本バージョンですが、こちらも全年代が買取の対象になるようです。